業界HOTニュース

アソウ・ヒューマニーセンターが
テレワークシステム利用の在宅派遣サービス

2012-06-27  /  ブックマーク はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

 人材派遣事業を手掛けるアソウ・ヒューマニーセンター(福岡市、中島彰彦社長 以下アソウ)は、在宅勤務型の派遣サービスを6月より開始した。育児や介護で通勤が困難な人、障がい者、シニア層などの雇用機会拡大を図るのが狙い。

 アソウの在宅派遣サービスは、テレワーク(在宅勤務)のコンサルティングなどを手掛けるライフネスとNTTアイティが開発したクラウド型在宅勤務支援システム在宅型派遣テレワークキット」を利用する。

 同システムはクラウドコンピューティングに対応し、勤務先のPCやサーバーにアクセスして遠隔操作するため、派遣スタッフ側のPCにデータが残らず、情報漏えいの発生を防げる。

 また、派遣スタッフはWebカメラやWeb会議システムを使って、派遣先からの業務指示を受けたり会議に参加することも可能。

 アソウは、初年度に100人の在宅勤務派遣を見込む。また、同在宅派遣サービスをテレワークの導入効果が得られるモデルケースと捉え、自社社員のテレワーク導入支援もライフネスと共同で実施していくとしている。

関連記事

在宅派遣

関連記事はありません。