業界HOTニュース

未経験者を対象にしたコンプライアンスセミナー、好評
〜人材ビジネスコンプライアンス推進協議会〜

2017-07-11  /  ブックマーク はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

 労働者派遣にかかわる関係法令の知識をはかるために行われる検定である「派遣検定」を実施している人材ビジネスコンプライアンス推進協議会(東京都千代田区、外井浩志理事長、以下、CPC)は6月7日、新入社員、業界未経験者を主要対象としたコンプライアンスセミナー「ゼロからわかる人材派遣」を東京都内で開催。定員数上限の50人が参加した。

 同セミナーを開催したCPCの担当者はセミナー開催の背景について、「3年以上の業界経験者を設定し問題作成などを行っている『派遣検定』ですが、近年、経験3年未満の人の受験が増加しています。入門者向けの知識習得機会を設けることへのニーズは高いと考え、新入社員や中途採用で入社された方などに向けてのセミナーを企画しました」と述べている。

 セミナーでは、人材派遣会社での営業経験もある社会保険労務士・平澤賢一氏が講師を務め、人材派遣業務のフローに沿って派遣先や派遣スタッフに対応する際に留意すべき法令知識を解説した(=写真)。新入社員・経験の浅い社員のほか、教育などを担当する管理職・リーダー層も2割程度参加。セミナー後のアンケートでは、「とても参考になった」「参考になった」という意見がほぼ100%を占め、「こうしたセミナーが定期的にあれば新入社員が入ったときに受けてもらいたい」と言った声も聞かれた。

グラフ


関連記事

コンプライアンス | 派遣検定 | 法令知識