業界HOTニュース

就職エージェントを買収
新卒採用支援のネオキャリア

2010-06-23  /  ブックマーク はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

 新卒採用支援を手掛けるネオキャリア(東京都港区、西澤亮一社長)は6月、新卒・第二新卒の人材紹介事業を行う就職エージェント(同新宿区、下薗博康社長)を買収した。
 買収により、ネオキャリアの新卒紹介事業の年間取扱高は4億円前後となり、新卒分野では業界トップ級になるという。
 就職エージェントは90年に設立。新卒紹介分野の草分け的存在だったが、08年秋の景気悪化の影響による急激な新卒採用減で、厳しい経営を強いられていた。過去2期に渡り、赤字を計上しており、10年2月期は取扱高1億6100万円、営業損失は1億400万円だった。
 ネオキャリアは、就職エージェントに98・68%出資する京都きもの友禅などから発行済み全株式を取得し、完全子会社化した。ネオキャリアは、新卒採用支援事業の顧客基盤を活用して、就職エージェントを早期に黒字化する計画だ。

関連記事

新卒採用 | ネオキャリア