業界HOTニュース

オフィス内に託児所を開設
ビー・スタイル

2006-04-05  /  ブックマーク はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

 主婦層に特化したパートタイム型人材派遣サービスを展開するビー・スタイル(東京都新宿区、三原邦彦社長)は3月から、新宿オフィス内に託児施設を開設した。

 自治体により差はあるが、一般の保育所や託児所に子供を預けるには就業証明書が必要というのが実情だ。そのため、就業を望む母親は就職活動の範囲が実質的に制限されているほか、子供の預け先がなくて就職活動を断念するケースもあるという。

 託児所は、主に登録会の際に月2回運営する予定で、初年度は年間5000人ほどの利用者を見込んでいる。

 同社は、月末・月初の繁忙期のみに経理業務のできる主婦を派遣するなど、企業側と子供を持つ女性のニーズに合うパートタイム型の派遣スタイルによって、従来より派遣コストを30%以上抑えることに成功した。

 資本金は7425万円。従業員は60人。事業内容は主婦層を中心とした人材派遣、紹介、業務請負。05年6月期の売上高は7億7000万円、06年は14億円を見込む。現在の登録者は1万5000人。月間約400-500人の主婦らの新規登録がある。

関連記事

パートタイム型人材派遣サービス | 主婦層